読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてのはじまりの日【中編】

婦人科の救急外来のある病院に着きました。
朝8時くらいだったかな?
3時から激しい腹痛で起きて、その状態でCT撮ったり血液検査してもらったり、
もうすでに割と疲れてましたが笑、冷静ではありました。

20代後半女性で、妊娠以外で婦人科へ行く人ってどれぐらいいるんでしょうね??
私は婦人科の診察はその日が初めてでした。
若くてかわいい先生でウキウキしてたのも束の間、
「内診とエコー検査しますね」

えーと、婦人科の診察に関して、下品な表現にならないように書くのは、
私の文章力では難しすぎますねw

足に力が入りまくりでした。「力抜いてね笑」とか言われました。
かわいい先生にこんなところ見られるってどんなプレイだよ。。とか
顔をしかめながら考えてました笑

続いてエコー検査ですが。
「エコー検査」といえば、妊婦さんが横になって、
先生がお腹に何か当てていて、お腹の中の赤ちゃんの様子が見られる。。
そんなイメージですよね。
私も例に漏れず、「あーエコー検査ってあれかー」って考えてたのですが、
そうこうしているうちに、下から何か来ました。

・・・ん!?

・・・下から・・だと・・!?

あとから調べてわかったことですが、エコー検査には経腹法と経膣法があって、
卵巣嚢腫の検査は経膣法でやるのが普通だそうです。。

でも何の心の準備もできてなかったので、驚きやらなんやらで
たぶんすごい顔してました私w

婦人科の洗礼を受けてぐったりしていたので
「これは手術に向けて動き出したほうがいいかもねえ」
と言われた時も、ああ。。手術か、初めてだなあ。。
ぐらいにしか思ってなかったです。
冷静なのか、ただただ放心していたのか。。w

その場で受けた説明は

  • たぶん卵巣に良性の腫瘍ができてる
  • 腹痛の原因は、もしかしたら腫瘍がねじれてたのかも
  • 詳しい検査しないとまだわからないけど、できるだけ早く手術で取ったほうがいい
  • この病院なら腹腔鏡下手術で手術できる
  • 緊急性はないから今日はこのまま帰ってオッケー
  • とにかく2週間後にMRI撮ってみましょう、話はそれからだ

ぐらいかな?
お会計を待ちながら最初に考えたことは
「入院かー、仕事忙しいのにやばいなー」でした。
家族に連絡しなきゃ!とかじゃないあたりが社畜ポイント高いですね!