読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぼれ話

卵巣嚢腫できちゃった編

これまでの記事に載せそこなった小ネタ集。

*************************************

手術することをプログラマの皆さんに伝えた後、
後輩くんに「手術するのにお休み10日程度で大丈夫なんですか?」と聞かれた時、
開腹手術じゃないから回復早いらしいよ〜」という事故ダジャレが発生した。

*************************************

手術前日の説明のときに「手術終わった後に真水で内臓を洗います」というお話がありました。
なんでも、妊娠しやすくなるらしい。。!?
ほんとかなあって感じだったし、いくら検索してもそんな情報引っかからなかったけど、
まあ先生がそういうなら、そうなんだろうか。。

*************************************

手術終わった後、看護師さんに点滴を変えてもらってるときに
ちょうど鳥取県中部地震が起きました。
枕元に置いてたスマホが急に鳴り出して、うるさっ!!ってなりました。
スマホ見て私が「鳥取か。。」って言った後に揺れが来たんですけど、
結構大きくて鳥取大丈夫かなって思ってたら看護師さんが
「私、地元が鳥取なんですよ」とか言うもんだから
「私のことは後でいいから確認しに行ってください。。!!」って
無駄にかっこいいセリフを吐きました笑
手術直後で看護師さん居ないと何にもできない癖にねw

*************************************

あんまり見ず知らずの人のことを詳しく書くのは如何なものかと思ったんですが、
やっぱり印象深かったので、同室の方のお話を書いときます。

私が入院した時は最初同じ部屋にはお一人しか居なくて、
その方は、ずっと戻してました( ;´Д`)
食べては戻すを延々繰り返していてしんどそうでした。。
聞こえた話を総合すると、3人目のお子さんがお腹にいるらしい!
そして前2人の妊娠の時も同じような感じやったらしい。。
この少子化のご時世に、そんなしんどい思いをして
3人目の赤ちゃんを産もうとしてるなんて。。!
と勝手に尊敬&応援してました笑
でも両親にこの話をしたら「お母さんも妊娠してた時そんな感じだったよねえ」とか言われて
土下座したくなりました( ;´Д`)
私がお腹にいたせいで辛い思いさせてすみませんでした( ;´Д`)

そして最も印象深かった、同室にやってきたおばあちゃんの話。
寂しがりやのおばあちゃんだったので、
看護師さんを捕まえてはいろんな話をしてるのが聞こえてくるので、
それでおばあちゃんの情報がいろいろ分かりました!w
私のおばあちゃんと同い年くらいで90歳越え、一人暮らしだそうな。
うちのおばあちゃんは実家で私の両親と一緒に暮らしてますが、
耳も遠いしとても一人暮らしできるとは思えないので、
このおばあちゃん一人暮らしして洗濯とか掃除とか
ちゃんとやっててすごいなーと思ってました。

で、ある日、お昼ご飯の時間に、おばあちゃんの娘さんと
その旦那さんらしき人がお見舞いに来たんですね。
(カーテン越しに聞こえた情報で判断してるので間違ってるかもしれませんが)
あら娘さんかーと思ってご飯食べてたんですけど、

「お金貸して!」

と娘さんが言ったのが聞こえて、

!?

と、私の体に衝撃が走り、完全に箸が止まりましたw
入院してる母親にお金貸して????
なにそれやばくないですか??
え、てか旦那さんいるよね??
旦那さんプーなの??なんなの??
それに90のおばあちゃんの娘って60ぐらいよね??
と1人で大混乱する私。
おばあちゃんもそんなお金持ちじゃなさそうなんですよ。
入院が長引いたら入院費払えないわあ。。ってボヤいてたし。
でも結局お金貸したみたいで、そしたら用事が終わったから娘さんは帰ろうとして、
でもおばあちゃんは寂しがりやだから、もう帰っちゃうの?みたいな感じで。
このあたりでもう私、泣きそうになってますw
いやあ、衝撃でしたねこれは。。
思うことが多すぎてうまくまとめられないですが、
自分で必要なお金を稼げるように育ててもらってよかった。。
とか
おばあちゃんの余生に幸多からんことを。。
とか、考えてました。

入院とは、社会勉強になりますね。。