読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手術からちょうど1ヶ月が経ちました

早いもので今日で手術からちょうど1ヶ月です。

ブログがなかなか追いついておりませんが、仕事復帰して約3週間。

近況を要約すると・・凹み気味です!!ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧
(かわいい顔文字でごまかしていくスタイル)

何をそんな凹むことがあるかというとですね!
体力がなっかなか元に戻りません!

入院中の回復スピードはなかなか早かったので
完全に調子に乗っておりました。。
退院すれば終わりってわけではなかったです。。

仕事復帰してから、未だに「定時で週5日働く」さえも
達成できていない状態です。。
それぐらい体力が落ちています。(もちろん個人差があると思いますが)
なんだか社会人の最低条件さえ満たせてないというのは
社畜の私からしたら非常に凹みます_(:3 」∠)_

傷もまだ少し痛みますね。
外から見たらただのかさぶた4つなんですけど、
冷静に考えたら、内臓に到達するぐらいの穴を開けたんですよね。。
そりゃなかなか痛みも消えないよなーとか思います。
術後ってひたすらおとなしくしておいたほうがいいのか、
適度に出歩いたほうがいいのかいまいち分からず、
最近土日のどちらかはおとなしくしてどちらかは出歩くようにしてるんですけど
出歩いた次の日は傷が痛みやすいという_(:3 」∠)_
どないせーっちゅーねん!

ダンスもまだまだできそうにないし、そりゃ凹みますわ〜。
そんなかんじで気持ちがしょげしょげしてますが
今日たまたま、高校の友人たち(※女医)とLINEしてて、
そういえば1ヶ月前に手術したんだよ〜って話をしたら、
よくわからない専門用語を交えながら笑、すごく優しくされたり
大丈夫だよって励まされたり。。
なんか泣けてきました(´;ω;`)

決して周りの人が優しくないとかそういうことではなくて・・!
でも会社に行ったら周り男性ばかりで、
周りがバリバリお仕事してる中、毎日定時で帰って
それでも疲れ果てている自分がものすごいストレスになります(´;ω;`)
女子会・・!
私は女子会を求めている・・!!

ちょっとミスったなあと思っていることがあって、
みんな(特に同じグループのプログラマ)に心配をかけてはいけないと思って、
オドロキくんみたいに本当に何度も「大丈夫です!!」って言ってたんですけど、
術後、復帰して、「大丈夫だけど全然大丈夫じゃねえ!」ってなりました笑
まだまだうちの会社は女性プログラマが少ないですが、
ちょっとずつ増やしていこうという意向はなんとなく見えていて、
今後女性が増えて私と同じようなことになった人がいたときに、
周りの人が「まあ、大丈夫って言ってたし・・」って思わないかと心配しております(;´Д`)
余計なことをしてしまった感ある(;´Д`)
もう少し体力を元に戻してから復帰したほうが
効率良かったですね。。反省。。

周りが忙しなく動いているのでなかなか難しいですが、
ゆっくりじっくり直していきたいです。
あー踊りたい!!

******************************************

すごくどうでもいいこと。
研修医で産婦人科志望の友人に「皮様嚢腫だった」って言ったら
ピノコか!」って返された。
専門家でも皮様嚢腫のことピノコって呼ぶんですね・・w

実家療養

退院後は約5日間ほど実家療養してました。
毎日たっぷり昼寝して、ちょっと散歩、それ以外の時間はゲームとか。
実家には両親と、おばあちゃんが住んでいて、
おばあちゃんも2年ぐらい前に開腹手術を経験していて、
「おへその掃除されたのこしょばかったわあ」とかそんな話をしました。
わかるよその気持ち。
私の部屋は2階にあって、階段登り降りするの大変かなあと思ってましたが
そこまで大変じゃなかったです。

1日目
私があまりにもラーメンを所望していたので笑
お母さんがお昼ご飯にラーメンを作ってくれました!
冗談じゃなく、幸せの味がしました。。

1番近所のポケストップまで行って帰って来ました。
確かハロウィンキャンペーン中でゴースばっかり捕まえた。
入院中に手をつけられなかった、ヨッシーの編みぐるみキットに手をつけ始めました。

2日目
特にやることもないので、猫の喧嘩を見守ったりしてました笑
2番目に近いポケストップまで行ってみた!
2番目に近いポケストップは、図書館にあったので、
ちょろっとだけ雑誌とか立ち読みしてから帰ってきました。
まだ歩いているときのふわふわ感が抜けきらず、歩いている間ずっと
軽い乗り物酔いみたいな状態になってしまう。。
帰り着いてしばらく気分悪ーってなってました。
この日は夕飯がお鍋で、お父さんにビールちょっと飲む?って言われたけど
さすがに飲めなかった(´・ω・`)

3日目
雨が降ってたので引きこもり生活。
この日のお昼ごはんは私が作りました。久々の料理!
実家では、パスタとアンチョビとニンニクとキャベツを常備してあるので
いつでもおいしいパスタが作れて素晴らしい。

ちまちまやってた編みぐるみヨッシーが完成!

すごく・・難しかったです・・。
一応手芸サークルだったので、かぎ針で簡単な花モチーフぐらいは作れるのですが、
編みぐるみは初挑戦でした。でも楽しかった。かわいい。

4日目
前にもちょろっと書きましたが、11月頭に両親は海外旅行へ出かける予定があり、
その間おばあちゃんは介護付き有料老人ホームとやらで1週間過ごすことになっていました。
なので両親もおばあちゃんも日々荷造り。
お母さんと一緒におばあちゃんの荷造りを手伝っていたら、
昨日編みぐるみヨッシーを一生懸命作って根を詰めたのが良くなかったのか、
途中でしんどくなって手伝えなくなってしまいました・・_(:3 」∠)_
明後日には仕事復帰予定なのに、根を詰めてしんどくなって、大丈夫なんだろうか・・_(:3 」∠)_

この日も図書館のポケストップまでお散歩しました。
乗り物酔い現象は少しマシになりました。

5日目
両親が、おばあちゃんを介護付き有料老人ホームへ車で送り届け、
ついでに私を京都まで送り届けてくれることに。楽ちん!(・∀・)
介護付き有料老人ホームは、ホテルと病院が合体したような、
すごくきれいなところでした。
ベッドがリクライニングできるのとか、ナースコールがあるのとか、
なんか既視感満載だなーって思ってお部屋を見てましたw

京都に着いて両親とお昼ごはん食べて、両親は奈良へ帰っていきました。
昼寝したりぼんやりしたりしてましたが、
明日の仕事復帰準備をせねば!ということで
夕飯を作り、ついでにお弁当も作っておきました。
いつもは食堂でお昼ごはんを食べるんですけど、
重いお盆を持ってウロウロすることにまだ不安があったので、
しばらくお弁当生活を決め込んでいました。

明日ちゃんと会社行けるかなあ、と少々不安なまま、この日は就寝しました。

こぼれ話

これまでの記事に載せそこなった小ネタ集。

*************************************

手術することをプログラマの皆さんに伝えた後、
後輩くんに「手術するのにお休み10日程度で大丈夫なんですか?」と聞かれた時、
開腹手術じゃないから回復早いらしいよ〜」という事故ダジャレが発生した。

*************************************

手術前日の説明のときに「手術終わった後に真水で内臓を洗います」というお話がありました。
なんでも、妊娠しやすくなるらしい。。!?
ほんとかなあって感じだったし、いくら検索してもそんな情報引っかからなかったけど、
まあ先生がそういうなら、そうなんだろうか。。

*************************************

手術終わった後、看護師さんに点滴を変えてもらってるときに
ちょうど鳥取県中部地震が起きました。
枕元に置いてたスマホが急に鳴り出して、うるさっ!!ってなりました。
スマホ見て私が「鳥取か。。」って言った後に揺れが来たんですけど、
結構大きくて鳥取大丈夫かなって思ってたら看護師さんが
「私、地元が鳥取なんですよ」とか言うもんだから
「私のことは後でいいから確認しに行ってください。。!!」って
無駄にかっこいいセリフを吐きました笑
手術直後で看護師さん居ないと何にもできない癖にねw

*************************************

あんまり見ず知らずの人のことを詳しく書くのは如何なものかと思ったんですが、
やっぱり印象深かったので、同室の方のお話を書いときます。

私が入院した時は最初同じ部屋にはお一人しか居なくて、
その方は、ずっと戻してました( ;´Д`)
食べては戻すを延々繰り返していてしんどそうでした。。
聞こえた話を総合すると、3人目のお子さんがお腹にいるらしい!
そして前2人の妊娠の時も同じような感じやったらしい。。
この少子化のご時世に、そんなしんどい思いをして
3人目の赤ちゃんを産もうとしてるなんて。。!
と勝手に尊敬&応援してました笑
でも両親にこの話をしたら「お母さんも妊娠してた時そんな感じだったよねえ」とか言われて
土下座したくなりました( ;´Д`)
私がお腹にいたせいで辛い思いさせてすみませんでした( ;´Д`)

そして最も印象深かった、同室にやってきたおばあちゃんの話。
寂しがりやのおばあちゃんだったので、
看護師さんを捕まえてはいろんな話をしてるのが聞こえてくるので、
それでおばあちゃんの情報がいろいろ分かりました!w
私のおばあちゃんと同い年くらいで90歳越え、一人暮らしだそうな。
うちのおばあちゃんは実家で私の両親と一緒に暮らしてますが、
耳も遠いしとても一人暮らしできるとは思えないので、
このおばあちゃん一人暮らしして洗濯とか掃除とか
ちゃんとやっててすごいなーと思ってました。

で、ある日、お昼ご飯の時間に、おばあちゃんの娘さんと
その旦那さんらしき人がお見舞いに来たんですね。
(カーテン越しに聞こえた情報で判断してるので間違ってるかもしれませんが)
あら娘さんかーと思ってご飯食べてたんですけど、

「お金貸して!」

と娘さんが言ったのが聞こえて、

!?

と、私の体に衝撃が走り、完全に箸が止まりましたw
入院してる母親にお金貸して????
なにそれやばくないですか??
え、てか旦那さんいるよね??
旦那さんプーなの??なんなの??
それに90のおばあちゃんの娘って60ぐらいよね??
と1人で大混乱する私。
おばあちゃんもそんなお金持ちじゃなさそうなんですよ。
入院が長引いたら入院費払えないわあ。。ってボヤいてたし。
でも結局お金貸したみたいで、そしたら用事が終わったから娘さんは帰ろうとして、
でもおばあちゃんは寂しがりやだから、もう帰っちゃうの?みたいな感じで。
このあたりでもう私、泣きそうになってますw
いやあ、衝撃でしたねこれは。。
思うことが多すぎてうまくまとめられないですが、
自分で必要なお金を稼げるように育ててもらってよかった。。
とか
おばあちゃんの余生に幸多からんことを。。
とか、考えてました。

入院とは、社会勉強になりますね。。

退院日&一旦、締めの言葉

いつも通り早起きしてしまいましたが、荷造りも大体昨日のうちに済んでて
特にやることがなかったのでぼんやりしてました。

最後の病院ごはんです。

全体的に、思ってたよりずっと美味しいご飯でした〜。

看護師さんから、退院療養計画書というのを渡されました。
ご飯に制限はありません。
運動は散歩までにしてください。
そして。
悲しみの1ヶ月間シャワー生活を言い渡されました\(^o^)/
これから。。これから寒くなるというのに。。
バブも買ったばかりなのに湯船に浸かっちゃいいけないなんて(´;ω;`)
しかし傷口の感染を防ぐために仕方ないそうです(´・ω・`)

10時ごろにお母さんが迎えに来てくれて、
しばらくしたらお会計も上がって来たみたいなので、
看護師さんに忘れ物がないかチェックしてもらって、晴れて退院!
このカーテンに囲まれた小さな城が結構気に入っていたので、
寂しいわぁ、と思いましたが。。
何人かの看護師さんに「お大事に〜」と見送られ、
思ってたよりもあっさりと退院しました。

ちなみにお会計は5泊6日で88360円でした。
(限度額適用認定証あり)
10万いくと思ってたけどいかなかった。

病院を出てタクシーで京都駅へ向かい、そこから実家の奈良まで電車です。
お母さんよりも歩くのが遅くなってる衝撃。。
電車を降りたところでお昼ご飯を食べました。
昨日からずっとラーメンラーメンとうるさく言ってたので笑
お母さんもラーメン屋を探してくれたんですけど、いいところがなかったのでモスバーガー
ラーメンじゃないけど、ハンバーガーだ!うれしい!
とびきりハンバーグサンドのチーズ、めっちゃおいしかった。。!
パテが肉肉しくて、チーズもとろとろで、美味しい美味しい言いながら食べました(・∀・)

家に帰り着いた後は。。すごい勢いで昼寝しました!笑
おかげで夜の寝つきが悪かったですw

こうして、初めてだらけの5泊6日の入院生活は終わりを告げたのでした。

****************************************

はい!というわけで、卵巣嚢腫できちゃった編はまだもう少し続けようと思いますが、
退院日まで書ききったので一旦締めます!

入院生活についてですが、大体の心配が杞憂に終わったな〜って印象です。
というか、入院前にありとあらゆることを心配しすぎました\(^o^)/
でも術後の回復が早かったのは、普段から食事に気をつけたり
運動したりしてたからかもなので、そこは自分を褒めておきます!

いきなりスピリチュアル(?)な話になりますが、
私は常々、人生に無駄なものはないと思っていて、
その時辛いことも、後々の人生のどこかで役に立つものだと思ってます。
だからピノコができたこともきっと何かしら意味があると思ってて、
確かにちょっと考えただけでも、
ピノコがなかったらこの人とこんなことしなかっただろうなとか、
この人とこんな話をしなかっただろうなとか、
そういう物事がたくさんあるんですよね。
(このブログもそうですしね!)
きっとこの経験はどこかで役立つ瞬間が来ると信じてます!

あともうひとつお伝えしたいこと。
「盲腸みたいなもんだよ!」とか言いふらしたり、
あっけらかんとしたブログを書いてきましたが、
卵巣嚢腫になると、手術の日まで
捻転の恐怖や手術の不安と戦いながら仕事とかをこなすという、
正気の沙汰じゃねえ!と言いたくなるような日々を過ごす羽目になります。
確かに普段とほとんど変わらない生活を送れますが、
もしも周りに卵巣嚢腫になってしまった人がいたりしたら
いたわってあげてほしいです。
私は卵巣を温存できましたが、症状によっては摘出だってありえるので、
よくあることとはいえ女性にとってはかなりシビアな病気です。。

周りの方々のお仕事のサポートも手厚かったですし、
なんならメンタルのケアまでやっていただいて、
本当に私は恵まれてます。いつもありがとうございます。

完全に元に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですが、見守ってくださるとうれしいです。

入院5日目(術後3日目)【後編】

1階は分かりやすくて、コンビニにはすぐたどり着けました。
あー。。
ラーメンとかポテチとか食べたいなあ。。ってすごい心惹かれましたが
まだ今朝も気持ち悪くなってたし、退院まで我慢するかあ、と断念。
栄養バランス厨ですが、ジャンクフードは大好きです!
むしろ、たまのジャンクフードを美味しく頂くために普段栄養バランス厨をしてると言っても
過言じゃないです!

階段登り降りしたり、結構歩いたりしたので、
そろそろどこかに座って落ち着きたい気持ちでしたが、
近場に座れるところが見つからず。。
もう部屋に帰っちゃおうかな〜と思いながら少しうろちょろしてたら
「屋上庭園」と書いてあるエレベーターをついに発見!!
これやーと思って、フラフラしながらエレベーターに乗り込み最上階へ。

最上階、屋上庭園、ありました!
入院日以来のお外です。
天気良かったから暖かそうと思ってたけど、思いの外寒かったです。
ロングカーディガン着ててよかった。
そんなに大きくはないですが、レンガ造りで植物があって、
眺めも良くてよかったです。患者さんも数人いらっしゃいました。

やっと座れる〜と思って腰を下ろし、しばらくぼけーっと、いろんなことを考えてました。
(何をそんな考えてたかは、機会があればまた書きたいです)

寒いしそろそろ帰るかーと思って、またてけてけ歩いて母子センターエリアへ。
帰り着いたらすぐ看護師さんに
「あ、ちょうどよかった!この後、診察室に来てね」と声をかけられました。
退院できるか診察するんだと思うけど、
いつもの内診&エコーだよなー。。
まだお腹が痛む状態で診られるのちょっと怖いわー。。
と思いつつ、大天使の主治医の先生に診てもらいました。
変な心配をしてしまいましたがなんてことはなかったです。
というか、さすがに3回目なので慣れました。
顔はこんなんでしたが→><

問題ないとのことで、明日の退院が決定しました!やったー!
その後、先生にピノコの写真を見せてもらいました。
鶏皮に髪の毛が挟まってるみたいな見た目でした(語彙力の限界)。
自分の子宮周りの写真とかも見せてもらいました。
自分の内臓をフルカラーで見るとはなかなか。。
術後検診は1ヶ月後だそうです。

しばらくしたら夕飯タイム。

美味しいけど、お肉ー!って感じのものが食べたくなって来た!

そして、同期がお見舞いに来てくれました〜。
もう明日退院するというのに、わざわざ定時後に病院に寄って、
お菓子まで買って来てくれて。。ありがたや。。

明日のために荷物を整理しつつ、この日も眠りにつきました。

入院5日目(術後3日目)【前編】

この日も6時ぐらいに起きました。
同じ部屋の人で一番検温とかが早い人が大体それくらいの時間なので物音で起きちゃうんですよね。
私はもうこの時はほとんど放置プレイでした。
いや、放置プレイというとなんか人聞き悪いですが、
歩けるし点滴ないし食べてるし、検温とかも朝昼晩の3回ぐらいになってました。

朝起きて思ったこと。
やっぱりちょっと気持ち悪い。。
明らかに昨日食べ過ぎましたね。。
でも一昨日ほどじゃなかったし、しばらく安静にしてれば徐々に治りました。

朝ごはんは写真撮り忘れましたが昨日と似たような感じ。
ゆっくりご飯食べてたら主治医の先生(大天使)がやってきて
今日の午後のどこかで診察しますね〜と言って去って行きました。
今日のイベントは診察だけかー、同期がお見舞い来るかもだけど、定時後だから夜だし暇だなー
ということで、歩く練習も兼ねて
「屋上庭園とコンビニへ行く」というのを今日の目標にしました(・∀・)

入院してた病院は3つの棟から成っていて、私は一番南の棟の最上階に入院していて、
コンビニが一番北の棟の1階、屋上庭園が同じくその棟の最上階にあるそうです。
入院してからずっと母子センターエリアを出ていなかったので、病院内大冒険です!

大冒険は午後からやることにして、午前中はいつも通りエリア内でうろうろ。
母子センターなので赤ちゃんの名付けの本とか置いてあったのでパラパラ読んだりしてました。
いろんな名付けの本があると思うんですけど、それはちょっとキラキラネーム寄りだったので、
どんな顔したらいいか分からないの。。状態で読んでました笑

お昼ごはんは中華風!

おいしかったです、ごちそうさまです。

ちょっと休憩&昼寝してから、大冒険の前に身支度しとこうということでシャワーへ。
昨日は恐る恐る入りましたが、今日はそんな恐れることもなく、
しっかりと洗って出てきました(・∀・)

髪の毛をおさげにし(いや、深い意味は無いですが笑)、
お見舞いでもらった雑誌の付録のカバンに貴重品を詰め、
パジャマにロングカーディガンという出で立ちで、いざ出陣。

母子センターエリアを出てエレベーターに乗るだけでちょっとドキドキしました。
この3日間ずっと同じエリアに居ましたからね。。!

まずは北の棟へ侵入しないといけないので、連絡通路のある階まで降りて
てけてけ歩いて一番北の棟まで行きました。
知らないところ1人で歩くだけでドキドキする。。!
そしてちょっとフラつく!
倒れそうなフラつき方じゃないんですが、なんか重力に対して軸の定まらない感じで
ふらふらしながら歩いてました。

連絡通路の窓から屋上庭園が見えたので、じゃあまずはそっちを目指そうと思い、
最上階なのでエレベーターか階段を探すことに。
エレベーターがあったので最上階まで行ってみたのですが、謎スペースに着いてしまいました。
あれ?
その後、いろんな階段を降りたり登ったりしてみたものの、
どうも階段のほとんどが関係者以外立ち入り禁止だったらしく笑
(てかもうちょっと立ち入り禁止を分かりやすくしてくれー\(^o^)/)
階段ほとんど使えんやん!訳わからん!となり、とりあえず1階まで降りてみることに。

入院4日目(術後2日目)【後編】

ゆっくりご飯を食べ終わったあとは、お見舞いに備えて準備してました。
実は一枚だけお気に入りの顔パックを持ってきていたので
それを使って肌の調子を整えるついでにリラ~ックスしてました。
まあでも。。最初からわかってたし覚悟はしてたんですけど
やはりすっぴん&メガネ&パジャマで人に会うというのは恥ずかしいですねw
同期とかならいいんですが先輩方にはなんか申し訳なかった。。

そうこうしているうちにお見舞タイム。
1組目、同じチームのディレクター御一行。
ちなみに病室には入らないようにしてもらいました。
同じ病室にいた方々、みんな具合悪そうだったんですよね・・(;´Д`)
なので談話室みたいなところでみなさんとおしゃべり。
たんまりお見舞いの品をもらってしまいました(^ω^三^ω^)
ケーキ、個包装のお菓子、ファッション雑誌(結構しっかりしたカバンの付録つき)・・
な、なんか、勝手にピノコできて入院して手術しただけなのに
こんなにものをもらっても良いのだろうかとアワアワしてました(^ω^三^ω^)
でも日曜日にわざわざ私のところまでみなさんで来てくれたということが
とてもとても嬉しかったです。

2組目、いつも女子会している同期の子たちが遊びに来てくれました。
フルーツ好きだよ!と事前に自己主張していたので
フルーツ詰め合わせとフルーツサンドを持ってきてくれました!
みんなでフルーツサンドを食べて、いろんな話して、
いつもの女子会みたいだな〜と嬉しくなってました。
フルーツサンドもおいしかった〜。
いろいろ笑かされて、腹筋痛かったですけどねw

久々に色んな人とお話したので、お見舞タイムが終わった後は
さすがにちょっとしんみりしました。
でも、明日一日過ごせばもう退院できるし・・!がんばろう!
(もうこの時点では特に頑張ることもないんですけどね・・)

食後はもらったケーキ食べよーと思って夕飯を待っていたら

なぜ今日に限ってエビフライ(油物)なのか・・。
すでにフルーツサンド食べたし、その上、油物とケーキか・・。
でもたんぱく質はほしいからエビフライは食べました。
そして食後にケーキ。猫のデザインでかわいかったしおいしかった!

今日はさすがに食べすぎたなー、私の胃腸大丈夫かなーと思いながら
この日は眠りにつきました。